2018年05月01日更新

ワイヤーを使った歯の矯正はデメリット多数

歯並びの悪さがコンプレックスになっているという場合、歯列矯正の治療を受けてみてはいかがでしょう。
歯列矯正は正しい位置へと歯を移動させる歯科治療で、歯並びの悪さだけなく噛み合わせの悪さも解消出来るのが特徴です。
口元の印象を大きく変えられる歯科治療という事もあり、より美しさを求める方が施術を受けるケースも少なくありません。

歯列矯正には色々な治療法がありますが、その中でも多くの歯科クリニックで行われているのが「メタルブラケット」です。
メタルブラケットは金属製のワイヤーなどを装着し、歯を移動させる歯列矯正方法で歯並びを良くする治療といえば、このメタルブラケットのイメージが強い方も多いでしょう。
それほど、国内ではメタルブラケットでの治療を行う歯科クリニックが多く、歯列矯正の中でもメジャーな施術法となっています。

ただ、メタルブラケットは気になるデメリットもあるので、その点を事前にチェックしておく事をおすすめします。
メタルブラケットのデメリットとして、まず挙げられるのが「審美性の悪さ」です。
矯正器具は歯の表面に装着します。
ワイヤーなどは銀色の金属製なので、喋ったり笑った時などにどうしても目立ってしまいがちです。
接客業をしている方や女性などは口元が目立つ事を嫌がる方も少なくないようです。

また、歯並びが良くなって矯正器具を外した後も「リテーナー」という器具を再度装着しなければならず、治療後も口元が目立ってしまいます。
リテーナーは保定用器材とも言われているもので、歯が後戻りする事を防止する為に装着する金属製の器具です。
矯正治療を終えてから1年間程度はリテーナーを付け続けなければいけません。
長期間、目立つ金属製の器具を歯の表面に付け続けなければいけないという点は、大きなデメリットに感じるでしょう。

この他に歯磨きがしにくく、食べカスが残ってしまいやすいというデメリットもあります。
矯正器具を装着する事によって、歯磨きがし難くなり器具の隙間などに食べカスが残りやすいようです。
不衛生というのはもちろん、歯磨きがしっかり行われていない事によって虫歯や歯周病を発症するリスクも高まります。

矯正器具によって口腔内に違和感を感じたり、発声しにくいと感じる方も多いようです。
また、金属アレルギーの方も治療には注意が必要です。
メタルブラケットに使用する矯正器具は金属製という事もあり、金属アレルギーの方が行うとアレルギー症状を起こしてしまう可能性もあります。
ワイヤーを使った歯列矯正には、このようなデメリットがあるので気になる方は、他の治療法を選択してみるのも良いでしょう。

関連記事

このサイトの情報

歯列矯正とは、読んで字のごとく歯並びを整えることを言います。歯列矯正を行うからには美しい歯並びを目指して自分に自信を持ちましょう。

アーカイブ
フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード